予約は早めに

卒園を間近に控え、新一年生の門出を祝うためにランドセルをプレゼントする光景が目に浮かんできます。プレゼントするなら、できれば長持ちする牛革のランドセルがいいでしょう。一つひとつ手作りされたランドセルは質が高いとの理由で売れ行きがよく、3月から6月、もしくは8月から2月までに予約しないと購入できなくなります。とにかく安く購入したいなら前者がおすすめです。

牛革が他の素材よりも優れている理由

小学生

重要なのは素材

素材やメーカーに特別こだわりがない場合は量産されているもので十分ですが、耐久性が気になります。値段が安く、量産されたタイプのランドセルはクラリーノを使用していることが多く、雨に強く牛革に比べて軽いという特徴があります。手入れも非常に楽で土や雨による汚れをサッとふき取るだけで掃除完了です。ランドセルのカラーも定番の赤や黒の他に水色やピンク、青、茶色などが登場しプレゼントで喜ばれるのも頷けます。一方で、耐久性が強く味が出るとして人気がある牛革のランドセルも見逃せません。特徴としては、使い込むことで味が出ること、乱暴に扱っても簡単に壊れないことです。ネックは雨に弱いことでしょうか。しかし、一つひとつ手作りされる質の良いランドセルは雨に強い牛革を使用しているので、水に濡れても耐久度は落ちません。

最近の牛革は手入れが簡単

一見、牛革は手入れが大変そうというイメージがありますが、ランドセルで使用される素材については専用のクリームでケアする必要がないため、プレゼントされた側も非常に助かります。基本的に水や雨に濡れても乾いた布で拭くだけでOKなので、思っていた以上に簡単だったと驚く人も少なくありません。ただ、気になる場合は牛革に適したクリームで軽く拭いてもいいでしょう。乾拭きすれば、よりキレイになります。

型崩れがしない作りが魅力

最初のうちはランドセルに傷をつけないよう気を付けて扱いますが、学年が上がるとランドセルに気を遣うことがなくなります。男の子の場合、投げたり踏んづけたりなど過酷な使い方をするので、ランドセルがボロボロになるのも珍しい話ではありません。牛革で作られたランドセルは、耐久性や汚れに強く、製造過程で型崩れ防止のバネが入っています。そのため曲がったり潰したりしても簡単に壊れないのです。また曲げてもすぐに戻る特殊なバネをランドセルに使うことで戻ろうとする動作が働き、潰された後でもランドセルの形を維持できます。教科書をパンパンに押し込んでも広がらない点は、牛革の良さでしょう。ただ、万が一壊れた場合も、最大で6年間の保証が付くので心配はありません。

他の商品にない高級感がある

牛革の場合、使い続けることで味が出るので一般的なランドセルよりは高級感があるとプレゼントで人気があります。牛革本来の良さもそうですが、細かいところまで力を入れた牛革のランドセルはサイドマチに花をつけたりファスナーの引手にハートや花をつけたりなど、見た目のクオリティが高いのも魅力の一つです。機能性も高く教科書や小物が沢山入るように設計されたランドセルは、使い勝手が良いと大好評です。プレゼントで喜ばれるランドセルは、このような様々な特徴を持つ商品なので検討してみましょう。